退職祝いに最適

定年退職のお祝いに何を送ればよいのか、誰もが一度は悩むことだと思います。金額は5000円から20000円が相場と言われています。お花の定番は胡蝶蘭ですが、サイズが大きいものが多いので、直接渡すよりも自宅に配送するのがベストです。

胡蝶蘭しかし、何故退職祝いの定番の花が胡蝶蘭となったのでしょうか。その理由は2つあるとされています。1つ目は花言葉です。胡蝶蘭の花言葉には「幸運が飛んでくる」「純粋な愛」というとても縁起の良い意味が込められています。人生の節目となる退職を迎えた人の新たな門出を祝うためには最適な花だと言えるでしょう。2つ目は胡蝶蘭そのものの価値の高さです。胡蝶蘭は明治時代にイギリスから伝来された花で、とてもデリケートです。そのため、当時は大変育てるのに苦労しており目にすることが出来るのは限られた階級の人々のみという非常に珍しい花だったのです。そのため、今でも貴重でブランドイメージの強い花という印象が残っています。

胡蝶蘭の花が咲いている期間はとても長く、2ヶ月から3ヶ月と言われています。それだけ長く咲き続ける胡蝶蘭を眺めていると、感謝の気持ちも相手に伝わるに違いません。そういった意味でも胡蝶蘭は退職祝いに最適だと言えます。

退職祝いの熨斗、水引

職場の上司や同僚など、日頃お世話になった人の退職祝いにどのような熨斗(のし)を選ぶべきなのでしょうか。独立や出産、定年など退職の理由は人により様々ですね。熨斗の表書きや水引の種類もそれによって異なりますので、間違えないように注意しましょう。

退職祝い表書きに使う筆記用具は、筆か筆ペン、またはサインペンを使いましょう。ボールペンや万年筆は簡素なイメージを与えてしまうので避けた方が無難です。修正液や二重線は絶対にNGなので、失敗したら書き直してください。もちろん色は黒一色です。表書きは「お礼」としておけば基本的にマナー違反になりません。「御祝」は中途退社の場合には非礼にあたる場合もあります。注意しましょう。独立などの理由のときには「おはなむけ」という言葉を使うと激励の気持ちが込めることができるので、こちらもオススメです。

水引には主に、結びきり、あわじ結び、ちょう結びの3種類あり、退職祝いには紅白のちょう結びが一般的ですが、結婚が退職理由の場合は結びきりの水引を選びましょう。結婚は一度だけあるべきケースのお祝いであるため、退職祝いにもこちらを選んでください。しかし、定年退職の場合にはちょう結びで大丈夫です。

退職祝いに胡蝶蘭

出会いがあれば別れがある。その言葉通り人生には様々なお別れが付き物。会社の仲間の退職もその中の一つです。そんなときに贈る退職祝いですが、どのようなマナーがあるのか知っているという人は意外と少ないはず。退職祝いを贈るときに気をつけるべきポイントと、退職お祝いに胡蝶蘭を送ることについて説明していきます。

胡蝶蘭退職祝いを贈るときには、熨斗と水引に気をつけてください。筆記用具は黒の筆か筆ペン、サインペンを用意しましょう。失敗しても修正液や二重線は使わず、必ず書き直すようにしてください。表書きは「御礼」と書いておくのが無難です。水引はちょう結びが一般的ですが、結婚退職の場合は結びきりでも問題ありません。胡蝶蘭が退職祝いに適している理由は「おめでたい花言葉」と「花の持っている希少性」が挙げられます。その人の人生に新しい1ページが加わる大切な退職という日に適した花言葉を持つ胡蝶蘭は退職祝いに最適です。また、胡蝶蘭は昔上流階級の人々しか楽しむことが出来なかった非常に貴重な花でした。そのため、そのイメージから様々なお祝いに使われるようになったのです。咲いている期間も非常に長く、華やかな見た目で相手を喜ばせるため、お祝いに使う花束として高い人気を誇っています

お世話になった人の退職には凛とした気持ちで臨みたいもの。そういった意味も込めて形式やマナーには気をつけたいものです。このページでは退職祝いと胡蝶蘭について書かせていただきました。最後までお付き合いください。