退職祝いに胡蝶蘭

出会いがあれば別れがある。その言葉通り人生には様々なお別れが付き物。会社の仲間の退職もその中の一つです。そんなときに贈る退職祝いですが、どのようなマナーがあるのか知っているという人は意外と少ないはず。退職祝いを贈るときに気をつけるべきポイントと、退職お祝いに胡蝶蘭を送ることについて説明していきます。

胡蝶蘭退職祝いを贈るときには、熨斗と水引に気をつけてください。筆記用具は黒の筆か筆ペン、サインペンを用意しましょう。失敗しても修正液や二重線は使わず、必ず書き直すようにしてください。表書きは「御礼」と書いておくのが無難です。水引はちょう結びが一般的ですが、結婚退職の場合は結びきりでも問題ありません。胡蝶蘭が退職祝いに適している理由は「おめでたい花言葉」と「花の持っている希少性」が挙げられます。その人の人生に新しい1ページが加わる大切な退職という日に適した花言葉を持つ胡蝶蘭は退職祝いに最適です。また、胡蝶蘭は昔上流階級の人々しか楽しむことが出来なかった非常に貴重な花でした。そのため、そのイメージから様々なお祝いに使われるようになったのです。咲いている期間も非常に長く、華やかな見た目で相手を喜ばせるため、お祝いに使う花束として高い人気を誇っています

お世話になった人の退職には凛とした気持ちで臨みたいもの。そういった意味も込めて形式やマナーには気をつけたいものです。このページでは退職祝いと胡蝶蘭について書かせていただきました。最後までお付き合いください。